「住まい・まちづくりにおけるコラボレーションの可能性」シンポジウム


中原方子監事がパネリストとして参加。
このシンポジウムでは、大阪市立住まい情報センターが行っている「住まいネットワーク事業」の紹介をはじめ、住まいづくりの専門家団体やNPOが意見交換を行いました。
大阪市内には、住まいまちづくりに関する様々な団体が活動していることをあらためて知りました。今後、各団体同士のコラボレーションも実現すれば、住まいやまちづくりの多様性にあった活動が出来るのではないかと考えさせられるシンポジウムでした。

投稿日:2008 年 2 月 9 日