泉布観見学会の講師をさせていただきました

e6b389e5b883e8a6b3

8月28日(金曜日)歴史街道倶楽部・近畿文化会共同企画の見学会で        
泉布観の内観デザインの講師を務めさせていただきました。        
泉布観とは泉布は貨幣・金銭を意味し、観は館のことです。関西最古の重要文化財です。        
        
明治4年(1871)造幣寮の応接所として アイルランドの技師ウォートルスが設計しました。         
建築様式は建物の周りにベランダを張り巡らせたベランダ・コロニアル様式です。        
インテリアは当時イギリスで上流階級に支持を得ていた古代ギリシアやローマの復元様式であるイタリアルネッサンス様式が        
採用されています。 憧れていた外国の様式は当時の人にとってさぞ心惹かれるものだったことでしょう。        
天井が高く、暖炉、、照明器具、窓などに当時の意匠の特性を色濃く残しています。        
        
普段は、一般公開されていませんが春期に1度公開されます。        
皆さんもぜひこの端正で美しい洋風建築を1度ご見学されてはいかがでしょうか。        
                                                                                                                                              西村みどり

 

     ※9月25日~9月27日まで「水都大阪2009」の関連事業で特別公開されます♪

投稿日:2009 年 9 月 19 日