「春の近江路を行く」 近江八幡まちめぐり&工場見学バスツアー

4月20日(水)春の一日を近江八幡の散策、ふとんのイワタ工場見学で過ごしました。
 近江八幡は時代劇のロケ地としても有名です。
 「朝が来た」や「るろうに剣心」などのロケ地を歩き、映画やテレビのシーンを 思い起こしたりして楽しい時間でした。

IMG_5880
 ハイド館や旧八幡郵便局では、当時のインテリアを見ることができます。
 上げ下げ窓、丸窓、回り縁の装飾、子供用の為に低く切られた窓、丁寧に作られた階段など、 細部にこだわったインテリアを堪能。ヴォーリス学園、体育館の作りの素晴らしさには、特に感動しました。 ヴォーリス建築を堪能した一日でした。

IMG_5881
 散策後、「たねや」さんで昼食。
 こんなに豪華な昼食をいただいてもいいの?
なんて、感じの食事です。
滋味な食材の料理を堪能しました。
 赤こんにゃくとトマトのピューレ(オリーブオイル掛)が印象に残りました。

IMG_5882

 散策昼食の後は、ふとんのイワタの工場見学。
生地、素材、加工方法など、妥協を許さないイワタの商品コンセプトが、「イワタファン」を作り出し、感動を与えていると理解できる工場です。
昨今、原毛の産地表示の偽装が取り上げられています。綴じ込んでしまえば、原材料が見えない「布団」という商品の中身に、消費者が不審を抱いているなかで、イワタの一貫した商品に対する妥協を許さない製造方法は見直されるべき企業姿勢です。最後に岩田有史社長が「なぜくらしの上級者は眠りにこだわるのか?」と題した講演をしていただき,眠りに対する知識を深めることができました。

IMG_5883

投稿日:2016 年 6 月 4 日