すっきり暮らすインテリア

~ 一般生活者向けインテリアセミナー~
「スッキリ暮らすインテリア~5つのステップ~」より (講師: 中原 方子  )

洗剤ボトル
写真1

何も出ていない『スッキリした』『生活感のない』空間に・とよく言われます。
そこで、ものを出さないようにしたい・と。
でも、生活していくうえで必ず出てくるものはありますし、何もないことがスッキリしたことにはなりません。
あなたの周りの「いつもスッキリした人」を思い浮かべてください。
「その人らしいもの」を「過不足なく」装っていて、装いがその人となりを表しているのではないでしょうか? インテリアも同じことなのです。
「一定のルールに沿って選び、過不足なく置く(出す)」
勿論ルールを決めるのはあなたです。
色、形、そのものが持つ雰囲気。あなたが好きだと思うひとつのイメージで統一してください。そうすることで、インテリアが「あなたらしさ」を表すものになります。
過不足を確かめるには写真を撮ることをお奨めします。客観的に見ることが出来るので余分なものが良くわかります。

靴べら
写真2

「無理がないこと」もスッキリした空間を保つとても重要な要素です。どうしても出てくるものは、無理に隠したりせず出してしまいましょう。
その時は目立たないようにするか、インテリアのポイントにしてしまうかです。
どうすれば綺麗に出せるかと気を遣うことで「スッキリしたインテリア」が出来上がります。

* 写真1 市販の洗剤ボトルのラベルを取っただけで違和感がなくなる
* 写真2 おしゃれな形なら靴べらもオブジェのように見える