暮らしの中のライティングパワー

~ ユーザーセミナーより (講師: 桶屋 かおる ) ~

キャンドルイメージ写真
たまにはキャンドルの明かりに癒されてみては・・・

毎日住まいで活躍している明かりですが、ランプによって特徴があることをご存知ですか?
ランプには、白熱灯と蛍光灯があります。
白熱灯は、落ち着いた雰囲気やくつろぎ感を演出する温かな光色で、料理などをおいしく見せる効果があります。
蛍光灯には、昼白色や昼光色という爽やかな活動的な雰囲気を演出するランプと、電球色という白熱灯のような温かな色味をもち、くつろぎ感を演出するランプがあります。

それぞれのランプに特徴があるので、部屋やシーンに合わせてランプを使い分けるのが理想なのですが・・・
省エネ推進ということで、効率の悪い白熱灯が2010~2012年頃には徐々になくなっていくという記事も出ています。

しかしそれに変わるランプとして、LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)が注目されています。
LEDはコンパクトで、省電力、ランプ寿命が長いなどの特徴があります。
まだまだ価格が高いので、住まい用には多用されてはいませんが、将来住まいの中でLEDランプが主流になり、ランプ交換が必要ない・・という時代も遠くないかもしれませんね。

たまにはキャンドルや和ろうそくを焚いて、リラックスするのもオススメです。