家具の中はどうなっている?

7月18日

ADコアデバイス様にて、家具の勉強会。
ADコアデバイスの木下様より、約2時間、お話いただきました。
「好きなところに座って聞いてください」
のお言葉に、みんな、好きなソファや椅子を選んでの受講。
ADコアデバイスのソファは気持ち良すぎて、居眠りしそうなのをおさえながらの受講となりました(笑)
第1部は、ADコアデバイスの歴史から、家具の構造、仕上げのお話を。
普段見ることのない、椅子やテーブルの中身を見せていただき、みんな「へ~」と驚くばかり。
人間工学から座位基準点のお話は、試験勉強で勉強してきたテーブルと椅子の差尺は、 実はちがうという。。。目からうろこなお話でした。
そして、第2部は、椅子、ソファの張地のお話。
張地は、デザインを取るか、機能を取るかの妥当点にいつも、悩む、私達。
そんな悩みを解消してくれそうな機能、デザインともに優れたスペイン産の生地。
アメリカの生地のご紹介をいただき、これからもいい家具の提案をしていく上でとても勉強になりました。
椅子、ソファは、同じデザインでも張地で全然違うイメージになるので、私達インテリアコーディネーターは、食いつきが凄く、話が終わってから見本帳に群がる、群がる(笑)
質問攻めにあう、木下様。
私達の質問に丁寧にお応えいただき、いつまでも話は尽きませんでした。
やっぱり、家具は楽しい!と感じた、勉強会でした。

(報告:久保栄子)

投稿日:2018 年 7 月 31 日