シンコーより壁紙カタログBEST発売中!

発刊日:2019年4月22日

総収録点数:壁紙 912点 壁装材 160点

価格:1,000円/m(税別・施工費 トリム・特殊掛率品を除く)

用途:ホテル・商業コントラクト・病院 老健施設・住空間向け

壁装材 : ・自在トリム、インテリアステッカー、クイックジョイナー、リアルウォール、 ニューモールドウォールなど
★詳しくはコチラ
★Webカタログはコチラ

投稿日:2019 年 6 月 18 日

TOSOよりヴィンクス22、ヴィンクスシェルフ、シエロシリーズ等発売

トーソー株式会社は、木目とアイアン調を合わせたヴィンテージミックステイストのカーテンレール「ヴィンクス22」と、ヴィンクス22の上に棚板を付けてカーテンレールの上で自由にディスプレイが楽しめる「ヴィンクスシェルフ」、および天井付け専用のカーテンレールのシーリングレール「シエロシリーズ」3 機種を6 月17 日(月)より全国で発売いたしました。
★詳しくはコチラ
★Webカタログはコチラ

投稿日:2019 年 6 月 18 日

サンゲツよりメラミン化粧板IBIBOARDと同柄REATECを6/10に発売

株式会社サンゲツは、イビケン株式会社との共同企画「EASY COORDINATE REATEC×IBIBOARD 」にて、同社メラミン化粧板IBIBOARD と同柄の粘着剤付化粧フィルムREATECを6 月10 日(月)に発売します。REATEC とIBIBOARD の柄を合わせることで、統一感ある空間を演出するだけでなく、使用箇所や下地に合わせて商材の使い分けが可能。幅広いインテリア空間に対応可能なそれぞれ68 点のラインアップです。
★詳しくはコチラ
★プレスリリースはコチラ

投稿日:2019 年 6 月 11 日

色の道を作る ミックスイメージで色彩計画

5月24日(金)

色の道を作る 
講師:勝馬 ちなつ氏

インテリアのカラーに特化した
カラーコーディネート
のあり方についてのお話でした。

冒頭でチェックポイントとして
5つの項目の提案がありました。

1.住宅は床、壁、天井のコーディネート
2.木部(家具)のカラー分析
3.イメージの確認
4.ドアノブ素材など細かいディテールの分析
5.採光(窓の大きさや方向)と照明光の確認

これらは、示唆に富んだチェック項目だと
感じました。

演題の「色の道をつくる」という考え方は
まず、ベースカラーまたはベーストーンを決め
類似、同一色相で7割をコーディネート
すると、他はどんな色を持ってきてもOK
という考え方です。

具体的には,色の3属性の分析から始まり
建材の色の分析、を経て「色の道を作る」
という手順で進めます。

インテリアカラーについてはいろんな理論が
あるようですが、理論的な裏打ちがあり
自由度の高い実用性の高い理論だと思いました。

講演を聴いて、カラーのコーディネートは
インテリアでは重要な部分だと感じました。

色の分析では特に低彩度のカラーに関して
眼の訓練が必要だと聞いたことがあります。
現場では商品の決定時に
思う色がないことがよくあります。
そんなときでも、カラーを分析をして
少しでもコーディネートされた
空間が提案できるように
勉強していきたいと感じました。

会場の様子

(報告:山﨑圭一郎)

投稿日:2019 年 6 月 9 日

魅惑の壁紙ワールド

日時: 5月 8日(水) 14:00~16:00
テーマ:魅惑の壁紙ワールド
講師:岡室 妙子
会場:大阪市住まいの情報センター 5階

会場の様子

魅惑の壁紙、岡室ワールド。
マニアックな壁紙の話。
国産壁紙の話はほとんど無く、同じ壁紙を扱う者からしても、
全く見る視点が違って、興味深く聞かせてもらいました。
岡室さんご本人は、本当に壁紙大好きで、勉強家だと感じました。

私個人としては、手描きや刺繍の壁紙「de gournay」
最高級らしく、興味深いです。
壁紙が、生まれ育った歴史は面白く、日本に現存する「金唐革紙」は、
ぜひ見に行きたいと思います。

まだまだ白い壁が多い日本。
色とりどりのオシャレな壁紙の話は、
受講者さんたちの心に強く残ったと思います。

(報告:山中友美)

インテリアにご興味のある方、新築やリフォームを検討中の方のご参加をお待ちしております。
詳しくはセミナー案内のページ をご覧ください。
お申込みフォームから簡単にお申込が出来ます。

投稿日:2019 年 6 月 9 日

サンゲツよりカーテン見本帳「AC カーテンファブリックス 2019-2022」を発刊

好きなもの。小さな憧れを大切に集めて それぞれのスタイルをACカーテンと。
お気に入りのカーテンで、ライフスタイルに寄り添うインテリア。
トレンド感のあるデザインや色、クオリティにこだわった商品を拡充し、コーディネートする楽しさをご提案します。

★詳しくはコチラ
★Webカタログはコチラ

 

投稿日:2019 年 6 月 4 日

暮らしの中にアートを。彩りを添えた空間つくり

4月17日(水)

インテリアを華やかに格調高くしてくれるアート。
またアートがあると気分が良くなったりと
様々な身体的な効能もあるかと思います。
私自身も美大出身なので作家仲間も多く、
親しんできた方でしたが、いざコーディネーターの面からとなると
ご提案の基準等わからなく、今までなかなか敷居が高く
ご提案まで至りませんでした。
私が好きな作品の提案であれば簡単なことなのですが
お客様へのご提案となるとそうはいきません。
なので、がっつり前のめりで勉強してきました!

個性的なソバージュパーマがお似合いの社長様から
選ぶときの基準を沢山の納入例の紹介をしていただきながら
教えて頂きました。
後半はグループに分かれ実際にお部屋に合う1枚を選ぶ
という実習等盛りだくさんの内容で大変勉強になりました。  
インテリアとして選ぶアートは作品の持つ
個性、額 大きさ 色合い 額装パッド等たくさんの要素があり、
選ぶ作業は感覚的なものしかなかった私にとって「なるほど~」と
うなづきっぱなしでした。
壁面の大きさによる額の大きさの基準や
縦長?横長?絵が中心?家具が中心?
絵が中心?シンメトリー?位置高さは?
と様々なポイントを押さえながら選んでいくと、
お部屋の広がり感等全く違いました。
また色合いもインテリアになじませるか
ポイント色にするか 季節感を感じさせたいか否か・・・。
様々な選び方の根拠がわかりご提案もしやすくなりました。
そしてアート自身をより良く引き出す額の選び方も学びました。
様々な巾や色、スタイルの額があり額一つでアートそのものが
違って見えました。
インテリアにスタイルに合わせてもいいし
アートに寄せてもいいし
これまた選ぶ基準も様々で奥深いものでした。
コーディネータ―のセンスが一番試される!
と言っても過言でないと感じました。

アートというと高価なイメージですが
サイト二番町様は様々なアートをお持ちで手が出やすい価格帯の
アートもたくさんあり、これからもっと身近に暮らしの中に
アートを取り入れてお客様にご提案していきたいと感じました。
勉強会をアレンジしていただいた企画委員のみなさま
ありがとうございました。

会場の様子1

会場の様子2

 

(報告:清水初美)

投稿日:2019 年 6 月 3 日