リリカラ㈱が人工芝「トヨグラス」を平成31 年1 月より取扱い開始

リリカラ株式会社は、リアル人工芝「トヨグラス」の取扱いを平成31 年1 月より新たに開始します。
「トヨグラス」とは、天然芝にそっくりなリアルタイプの景観用人工芝。枯れ芝風のクリンプパイル(縮毛糸)をミックスすることで驚異のボリュームとクッション性を実現。国産の安定した品質でお届けします。

★詳しくはコチラ
★Webカタログはコチラ

投稿日:2019 年 1 月 29 日

改めて実感!カーペットの心地よさとその魅力~素材・デザイン・快適性 もう一度見直してみませんか~

1月23日(水)

2019年1月の勉強会は
堀田カーペットさんの工場見学と
会長、社長様のご自宅の訪問でした。

カーペット業界や畳業界は、NHKのダニ問題報道以来
壊滅的な打撃を受け、
ダニが生息している「ダニのすみか」
という烙印を押されてしまいました。

人を刺すツメダニが問題なのではなく
アレルギーの原因となるコナダニに注目すべき
だという考えは今でも浸透していないようです。

医師や看護師などの団体からの提言により
カーペットはダニの生息場所と断定され、
フローリングへの切り替えは急速に進みました。

堀田会長もおっしゃっておられたように
アレルギーの原因をカーペットと断定するのは
大きな間違いです。

多くの場合、寝装品に(特に掛け布団、毛布)
に原因があり床材の影響は非常に少ないことが
西宮市の環境局からも発表されています。

それにも関わらず完全な室内のクリーン化を
目指して、今も脱カーペットがすすんでいます。

一方で、高齢化に伴うお年寄りの骨折(特に大腿骨)
が問題になっています。高齢者は簡単に骨折してしまいます。

カーペットの持つ、優しさ、室内環境をクリーンにする
効果にもう一度注目すべきだと私も考えます。

汚れ、耐久性の実証をご自身の自宅とご子息の自宅で
見せていただいたのは有意義でした。

インテリアコーディネーターとして
正しい知識を顧客に伝えることは
重要だと感じています。

バリアフリーも大事ですが、体にやさしい床材の方が
高齢者の住宅として適している
と考えたほうがいいのではないかと
感じさせる貴重な体験でした。

 

工場で説明してくださる堀田会長

(報告:山崎圭一郎)

投稿日:2019 年 1 月 25 日

シンコー株式会社より椅子張見本帳発刊のお知らせ

椅子張見本帳「FURNISHING TEXTILE’19-’21」発刊

今回の発刊に伴い、従来の「UPHOLSTERY MATERIALS(椅子張りの材料)」から「FURNISHING TEXTILE(備え付け家具の織物)」に名称を変更いたしました。撮影画像や価格帯別INDEXなどを巻頭の写真カタログにて掲載。AIによる商品番号検索など最新テクノロジーも採用しています。価格帯やカラーなど、多方面から生地選びを楽しめるカタログ構成となっており、次亜塩素酸対応のファブリックも強化、充実しています。商品点数は、131柄 586点あります。

★詳しくはコチラ

投稿日:2019 年 1 月 16 日