リリカラ株式会社より複層ビニル床タイル「2016 エルワイタイル」を発行

リリカラ株式会社では、2016 年7 月6 日(水)、複層ビニル床タイル「2016 エルワイタイル」を発行、収録商品の販売を開始いたします。

トレンドを反映したこだわりのデザインは、63 柄191 点のラインナップで、店舗はもちろん、一般住宅でも使いやすいデザインを多く取り入れ、あらゆるシーンに対応いたします。
詳しくはコチラ★
WEBカタログはコチラ★

product_lytile_05

投稿日:2016 年 7 月 12 日

思い切って模様替え!インテリアスタイルを変えてみよう

日時:7月6日(水) 14:00〜16:00
テーマ:思い切って模様替え!
    インテリアスタイルを変えてみよう
講師:水田恵子
会場:大阪市立 住まい情報センター 5階

会場の様子

あなたの「今」の理想のインテリアとは?

水田氏の当日の講演は

1.ライフステージ、
2.普段の生活スタイル、
3.一緒に住んでいる人、
4.出来上がった部屋でしたいことは?、
5.自分の好きな雰囲気や色は

というように、チェック項目を設けて自分の中のもやもやとしたインテリアに対する思いを現実のものに結晶する作業を行っていきます。最終的には、スマホのアプリInstaMagを使ってコラージュ分析するという手法で仕上げます。

自分のライフステージの確認、、理想と現実生活との乖離の大きさ
その環境でする作業、同居人の趣味とのすり合わせなど現実のインテリアの模様替えは、「まず自分を客観的に、主観的両面から見つめなおすことから始めなければいけない」と感じました。

越えなければいけないハードルが結構あります。自分自身の好きなスタイル自体も、統一感の欠けたものにならないようにスタイルを認識しておく必要があるように思います。例えば、スタイルによってよく使われる色の彩度や明度が違っていたり、特徴的な素材が違っていたりします。

今回の講演の最後に

1.今のスタイルと変えたいスタイルの共通点を探す
2.面積の大きなところから変える
3.色、質感が果たす役割を考える
4.橋渡し役のアイテムをプラスする

などの、ヒントとなる項目を挙げていただき失敗のない模様替えのための貴重な助言をしておられたと思いました。なんとなく思い付きで模様替えするのではなく、きちんと段取りを踏んで、考えれば、自分も家族みんなも納得のいく模様替えができると感じました。

(報告:情報広報 山﨑)

インテリアにご興味のある方、新築やリフォームを検討中の方のご参加をお待ちしております。
詳しくはセミナー案内のページ をご覧ください。
お申込みフォームから簡単にお申込が出来ます。

投稿日:2016 年 7 月 11 日

あかりで素敵なインテリア

日時:6月8日(水) 14:00〜16:00
テーマ:あかりで素敵なインテリア
講師:加藤由佳里
会場:大阪市立 住まい情報センター 5階

あかりの心理的な効果を上手に取り入れましょう

あかりの心理的な効果を上手に取り入れましょう

あかりの基礎知識やLEDランプの特徴などのわかりやすい説明がありました。
LED電球は省エネというだけでなく、紫外線や赤外線を出さない、水銀レスである、すぐに明るくなる、などのメリットがあるのがわかりました。
LED電球を選ぶ際の注意点や選び方も解説がありました。

インテリアとしての照明器具の選び方も参考になりましたが、光源によって色のイメージが変わる実験がよかったと思います。知識としては持ち合わせていても、実際のどんな見え方をするのか色の見え方がどのように変化するのかは確認できる場はないものです。電球色から昼光色まで色温度の違う光源で赤、緑、青、ベージュ、などの色がどのように変化するのか見ることができました。
光源によって色が変わって見える実験は、インテリアにおける色彩の決定は素材の持つ色だけ決定してはならないことを教えてくれました。インテリアのエレメントは使用される照明環境を考えて決定しないといけないと感じました。

ゆらぎを感じる亀山ろうそくの照明は驚きました。
花を使ったオリジナルの照明はとても印象に残った照明器具です。
照明器具が生活豊かに楽しくしてくれるのが実感できました。

(報告:情報広報 山﨑)

インテリアにご興味のある方、新築やリフォームを検討中の方のご参加をお待ちしております。
詳しくはセミナー案内のページ をご覧ください。
お申込みフォームから簡単にお申込が出来ます。

投稿日:2016 年 7 月 11 日

日銀大阪支店見学会&街歩きランチ

5bIMG_6144

日本銀行大阪支店は、辺りを払うような威厳に満ちた外観です。
警備員に促され列を作っての入場です。
お金を扱うところですから仕方がないでしょう。
 

5bIMG_6142

金融のお話しと建築物のお話を担当の方から伺いました。
金融に関して、日本銀行が担当している、政府の銀行、銀行の中の銀行、貨幣発行銀行という3つの役割を知りました。
それぞれ別のスペースがあり、粛々と業務が行われている様に身の引き締まる思いです。
 

旧館の見学では、まず最初にドームの真下に位置する記念室に案内されました。
当時の椅子に腰かけて話を伺っていると、往時の貴族議員になった様な気分です。
この部屋は、当時、貴賓室と呼ばれていた応接室を当時の部材を再利用して復元したものです。
上を見上げると息をのむようなドーム式天井とステンドグラス 
チーク材をふんだんに使った内装。
とてつもなく大きなウッドレールとその上の豪華なペディメント。
今までに見たことのないほど豪華なインテリアでした。
NHKの「朝が来た」の撮影に使われた写真も張ってありました。
 

 
5bIMG_6143
続いて階段室に行きました。
階段室は明治36年の建築当時のものを移築したものです。
コリント様式のオーダー、細部に至るまで精密にデザインされた柱、バルパス。
素晴らしい出来栄えです。
階段の下に支えの柱がなく独特の形をしたアーチが重量支えています。
このアーチの姿がとても美しいと感じました。

その後、興奮の冷めやらぬまま、中の島図書館、中央公会堂を見ました。
お昼は弁護士会館の地下の食堂で昼食をいただきました。
私は中央公会堂の食堂のレシピを受け継いだというオムライスをいただきました。
おいしい食事をいただき、素晴らしい建築物を見せていただき
充実した一日でした。
 
その後も、バラ園を通って、OMMの立川ブラインドの展示会とマイドーム大阪のニチベイの展示会に行きました。
朝から夕方まで、よく歩きました。
 
 

投稿日:2016 年 7 月 2 日