インテリアの質を高めてくれるフラワーアレンジメント

  1月21日水曜、フラワーアレンジメントの勉強会が開催されました。
講師は、海外でのお仕事経験も豊富なフラワーデザイナーの藤本仁美(Acorns Flower Design Studio 主宰)先生。会場はICA関西の産業企業としてお世話になっているトーソー株式会社あべのハルカスショールームでした。
1写真 4
インテリアコーディネートに役立つという切り口で、モデルルームと個人邸に飾る場合のスタイリングの違いや、実例を見ながらディスプレイに大切なポイント教えていただきました。モデルルームは見栄えや写真映えやが大切な事、やってしまいがちな失敗例などなど・・・
 腑に落ちるポイントばかりで「なるほど~」っとずっと頷きっぱなしでした。 

1写真 3解説の後は、アレンジ実践編! 花材を選び、手順を教えていただきながら作っていきました。 同じ花材を使ってもみなさんそれぞれに工夫されて素敵に仕上がっていました。
プロの技を目の当たりに出来て嬉しかったです。造花は、その曲げやすさを生かしたアレンジが出来たり、完成品が崩れないようにボンドで留めたりと生花には出来ない工夫を知りました。
これまで生花のアレンジと同じ感覚でしか考えていなかった自分には目からウロコが落ちる勉強会でした。

 
1写真 2持ち帰った作品は、我が家の玄関を華やかにしてくれています。
やはりお花がある生活は素敵です。
これからのお仕事にも生かしていけそうで、藤本先生にとても感謝しています。
そして企画の皆さま、会場を貸してくださったトーソー株式会社の方々にも感謝です。
本当にありがとうございました。

                            (報告:情報広報 宮井)

 

 

投稿日:2015 年 3 月 21 日

スタイルの歴史から学ぶ 〜家具&照明のコーディネート方法〜

日時:3月4日(水)14:00〜16:00
テーマ:「スタイルの歴史から学ぶ ~家具&照明のコーディネート方法~」 
講師:今木啓子氏
会場:大阪市立 住まい情報センター 5階 研修室

会場の様子

会場の様子

前半では、インテリアのスタイル分類や日本・ヨーロッパの建築やスタイルの歴史を解説されました。
よく使われる紋様とその意味や日本文化と西洋文化を比較してみることはとても興味深いお話でした。
後半は、実際に家具や照明のたくさんの写真を分類していく実習をされました。
前半の内容を思い出しながらの作業は、実践的でとても分かりやすく、もっとやりたかったと好評でした。
紋様から紋章の話へつながり、普段なかなか聞く機会がない内容のセミナーでした。

実習風景

家具と照明を合わせてみましょう

インテリアにご興味のある方、新築やリフォームを検討中の方のご参加をお待ちしております。
詳しくはセミナー案内のページ をご覧ください。お申込みフォームから簡単にお申込が出来ます。

(報告:情報広報 加藤)

投稿日:2015 年 3 月 20 日