京都・滋賀ブロック懇親会

6月19(火曜)は、近畿に台風警報が出る中予定通り京都・滋賀ブロック懇親会を行いました。
北野天満宮近くの「たわらや」にて、名物の一本うどんセットのランチをいただき、その後に老舗和菓子店「老松」にて、手作り和菓子を体験しました。
今の時期の京都は修学旅行生も多く、学生達と一緒にリラックスしながら私達も学生気分で楽しみながら和菓子を創作しました。

和菓子の創作
お天気が心配でしたが、京都にいる間は雨もそれ程でもなく、いつもはなかなか聞く機会のないメンバーの今までの経歴や現在の仕事の内容など、密に話が出来てとても有意義な懇親会になったと思っています。

「老松」の前で

ICの仕事と一口で言っても、間口が広くそれぞれが個々の立場で色々な切り口で仕事をしています。懇親会は、それぞれのメンバーの事や仕事を理解し、仕事の悩みなどを相談出来て、また明日からそれぞれの職場や立場で仕事に励むパワーを蓄えられる機会になったらいいですね。

投稿日:2012 年 6 月 21 日

武庫川女子大学甲子園会館見学&撮影会

甲子園会館(旧甲子園ホテル)

甲子園会館へと続く正面の門をくぐると、目の前にとても大きな大木が飛び込んでくる。
今思うとそれは、この建築の壮大さ、偉大さを現しているようだった。
会館内部内部の作りが特に面白く、どこに行くのにも、わくわくしながらカメラのレンズを覗いていた。段差があちらこちらにあり、それが私の好奇心を掻き立てて、地下に入ったのかと思ったら、実はまだ地上でそこが1階だったり、隠し部屋のような入り口なのに入ってみたら開かれた場所だったり、どこかの映画に入り込んで、こっそりその世界を探検しているような気分だった。
あちらこちらにある水玉の装飾、小槌のデザイン、すべてに意味があり、内も外もつながっていて、幸せを運んでいる。光の入り方まで考えられたその空間は、建築と自然と人間がうまく溶け込める最高の空間で、その中ではとても穏やかでゆったりした時間が流れているように、私は感じた。
この建築が、残されて受け継がれ、今は建築を学ぶ学校になっている。
広いお庭すばらしい建築にも紆余曲折があり、危機もあったようだが、今現在、希望に満ちた、夢を作り出す空間になっていていることが私はとても嬉しかった。
写真もたくさん撮ったけど、やはり自分の目で見て触れたからこそ、この写真も意味があるんだろうな、と感じた。この空気感、この時代感、この繊細さ、この美しさ、これからもたくさんの人に感じて欲しい。

 

投稿日:2012 年 6 月 20 日

兵庫ブロック懇親会

兵庫ブロック懇親会 at TOOTH TOOTH

6月6日(水)の夜、神戸・旧居留地の BRASSERIE TOOTH TOOTH で懇親会を行いました。
忙しい時期のようであいにく参加者が少なかったのですが、賛助企業の担当者様や、会長の飛び入りなどで、刺激的な(?)集まりになりました。
雰囲気の良いお店で、初めて会う方同士はブログの話などから始まり、そして日頃の仕事や生活のことなど、みんなで楽しく情報交換できましたが、お互いに共通の関心事やつながりを持っていることが判明して「ええー!?」みたいなことになって、予想外の盛り上がりとなりました。
そういうわけで、あっという間に時間が過ぎて夜遅めの解散となったわけですが、集まって話してみればいろんな発見があるんだなと実感した今回の懇親会でした。

投稿日:2012 年 6 月 20 日