インテリアの色彩心理学~自分を活かす色・癒す色~

~ 一般生活者向けインテリアセミナー~
「インテリアの色彩心理学  ~自分を活かす色・癒す色~」より (講師:奥村 幸子)

人それぞれ、気になる色、好きな色、苦手な色、思い出の色・・・いろんな色があると思います。私たちは、自分なりに考えて必要な「色」を選んでいるのですが、実は色には心身に大きな影響を与える特定の性質や効果があるのです。では、私たちに多大な影響をもたらす「色」とは一体何なのでしょうか? ずばり「色」の正体は電磁波の一種である「光」なのです。

写真1

写真1

例えば、赤は1秒間に471兆振動して血圧や脈拍、体温を上昇させ、活性や興奮をもたらします。北向きの寒々しい部屋や陽の当らない部屋にはぜひ赤色のインテリアをとりいれてみてください。体感温度が1.5~3度上がるといわれています。さらに興奮をもたらすアドレナリンの分泌を刺激するので気分が落ち込んでいるときなどは赤い花や小物で赤のパワーをとりいれてみましょう。(写真1)

 

 

写真2

写真2

また、青は1秒間に622兆振動し、赤とは正反対の性質があります。血圧や脈拍、体温を低下させ、抑制や鎮静といった効果をもたらします。青い部屋にいると、脈拍はゆっくり、呼吸が穏やかになり精神集中やリラックスするときにでるアルファ波が増えるといわれているので、書斎や寝室にお勧めなのです。体温低下効果もあるので、冬場は避け、夏に多く青色のインテリアをとりいれて涼感を演出してみましょう。(写真2)

 

 

また、色は心身だけでなく、「脳」にも影響をもたらします。最近の大脳生理学では、右脳の活動が免疫力を高め、健康維持に役立つといわれています。左脳ばかりを酷使する現代の私たちの生活。そこで効果的なのが、「色」です。「色」はただ見ているだけでも、右脳が刺激されて活性化されます。 19世紀の画家は一般の人に比べて20年も平均寿命が長いといわれています。ミロは90歳、ダリは85歳、ピカソはなんと92歳です。

ノートルダム寺院 ステンドグラス

写真3

 

色は、まさに命のサプリメントです。

自分を活かす色、癒す色を知り、意識して様々な美しい色を見て脳を活性化し健康で長生きしたいものですね!

(写真3:ノートルダム寺院のステンドグラス)
(写真4;パリのBHVデパート 照明器具売場)
(写真5;パリのBHVデパート インテリア売場)
(写真6;パリのBHVデパート アロマ用品売場)

 

 

パリのデパート照明器具売場

写真4

パリのデパートインテリア売場

写真5

パリのデパートアロマ用品売場

写真6

投稿日:2011 年 2 月 13 日

LEDスタイルコレクション

201101yamada

1月26日、株式会社サンゲツ大阪ショールームで「LEDスタイルコレクション」の勉強会を開催しました。
LEDランプは、インテリア性が高く効果的な光の演出をすることができ
ランプ寿命も長く交換の手間が省ける。
しかし一方、ランプの寿命は長いがやはり切れる時が来る。
その時、器具ごと変えなければならないケースが多いそうだ。
同じ色温度のものでも色むらができやすいといったデメリットもある。
LEDランプのメリット、デメリットを知ることができた勉強会でした。

投稿日:2011 年 2 月 8 日

1月生活者セミナー

201101tuchiya

1月12日に開催したセミナーは土谷尚子さんによる
「ものの選び方が変わる!自分らしいスタイルの見つけ方」でした。
代表的なインテリアスタイルの紹介から始まり、後半にはスタイル別に小物のコーディネーションをするというデモンストレーションもありました。

投稿日:2011 年 2 月 8 日