「賛助企業会員開催の「テーブルデザイナー展」

12月10日~12月13日。ハービスOSAKAギャラリーにおいて
「第15回テーブルデザイナー展」が開催されました。

主催と総合プロデュースは当協会の賛助企業様アトリエ ル・レーヴの松尾洋子先生です。

主催と総合プロデュースは当協会の賛助企業様アトリエ ル・レーヴの松尾洋子先生です。


全18人のテーブルデザイナーの作品がそれぞれの感性でテーブルを演出です。

全18人のテーブルデザイナーの作品がそれぞれの感性でテーブルを演出です。


どの作品も本当に素敵で、見ていると今にもテーブルからおしゃべりや笑い声が聞こえてきそうです。

どの作品も本当に素敵で、見ていると今にもテーブルからおしゃべりや笑い声が聞こえてきそうです。

投稿日:2009 年 12 月 17 日

インテリアタイムスに掲載

11月25日立川ブラインド工業㈱大阪支店で行われた勉強会の記事がインテリアタイムス12月2日号に掲載されました。

091202efbdb2efbe9defbe83efbe98efbdb1efbe80efbdb2efbe91efbdbd

投稿日:2009 年 12 月 3 日

クリスマスパーティ

091202kuripa001

12月2日恒例のクリスマスパーティがキッチンアンドバースパイラルにおいて行われました♪

ご参加くださいました皆様、楽しいひとときをありがとうございました♪♪

投稿日:2009 年 12 月 2 日

遊び心を取り入れたインテリアカラーのテクニック

~ 一般生活者向けインテリアセミナー~
「遊び心を取り入れたインテリアカラーのテクニック」より (講師:  奥村幸子 )

写真1.書斎のコーディネート

写真1.書斎のコーディネート

インテリア・カラーコーディネートを構成するアイテムには、床・壁・天井・家具・照明・カーテン・小物などがあります。
それらには独自の色彩、素材、質感(テクスチャー・肌触り)、形状(パターン・デザイン)などの要素をもっています。そして、これらの組み合わせによって、インテリアの印象は左右され、お部屋のスタイルやイメージが大きく決まります。

写真1は、ダークグレイッシュトーンのかたいイメージの直線的なデザインの和の家具をメインカラーにしたモダンかつ落ち着きのある書斎です。
いくつも交差する直線デザインのビビッドな赤と青のリートフェルトの椅子をアクセントカラーにしています。
また家具の高低差でリズム感をだしています。

写真2.キッズルームのコーディネート

写真2.キッズルームのコーディネート

写真2は、ビビッドとブライトトーンの黄色のファブリックと青のチェストの反対色をメインカラーにした陽気で明るく活動なイメージのキッズルームです。
白を基調にしたラグとチェストの引出部分の白色が明るくさわやかな空間を演出しています。

 このように同じ部屋でもアイテムの色・素材・質感・形状によってイメージが大きく変わりますよ。

投稿日:2009 年 12 月 2 日

ユーザーセミナー

11月11日(水)のユーザーセミナーは「ホームパーティのすすめ
~人が集まるクールなインテリア」でした。 写真は講師の疋田 智恵美氏

p1050629

投稿日:2009 年 12 月 1 日